日立物流 国内収益改善を急ぐ 新規案件を厳しく管理

2015.05.19付

一般

 日立物流(本社・東京、中谷康夫社長)は「国内事業の収益改善」を平成28年3月期の重点施策に掲げる。新規事業の立ち上げロスが営業利益に影響した前期上期(4~9月)の反省を踏まえ、不採算案件の再発防止などを目的に専門の本部を新設。「見積もり段階らコストを厳しく管理する」(中谷社長)専任体制を築き、収益力のある企業づくりを進める。
 同社グループの27年3月期売上高は6771億800万円(前期比8.4%増)、営業利益211億円9800万円(同1.0%増)。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する