JR貨物 鉄道の赤字幅拡大 電力費増など影響

2015.05.12付

一般

 日本貨物鉄道(=JR貨物、本社・東京、田村修二社長)の平成27年3月期決算は、鉄道事業が売上高1338億円(前期比7億円増)、営業赤字が51億円(前期は43億円の赤字)。増収したが、赤字幅は拡大した。
 コンテナ輸送の売上高は農産品・青果物、食料工業品などの輸送増で前期比5億円増。ただ、昨年10月の土砂災害発生に伴う東海道線不通の影響で、18億4000万円の機会損失があった。車扱いは北海道地区の石油輸送終了により同9億円減。…
 

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する