阪九フェリー 新造船「ひびき」就航 トラック積載力が向上

2015.04.28付

一般

 関西と九州を結ぶ阪九フェリー(本社・北九州市、米田真一郎社長)は21日、新造船「ひびき」を就航した。
 1月就航の姉妹船「いずみ」同様、貨物輸送需要が多い泉大津―新門司航路を運航。瀬戸内最大級のフェリーで、総トン数約1万6000トン。全長195メートル、船幅29.6メートル。トラックは12メートル換算で現行船より40台多く積載できる。
 有人乗用車用デッキの新設によりトラックと乗用車の混載を避け、安全性を向上。トラックドライバー専用の個室は、全室にテレビを設置。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する