【定温物流特集】荷主の時間コスト意識薄い 庭先手待ち問題解消のすゝめ 業者は身を切る交渉必要 日本能率協会コンサルティング ロジスティクス革新センターチーフ・コンサルタント 岡 卓也氏

2015.04.21付

一般

 物流センターなどで起こる手待ちは、物流事業者の時間コストに対する荷主の意識の欠如に由来する。長い間の商慣習で、距離と一部の労働だけで料金を決めてきた物流業界。日本能率協会コンサルティングロジスティクス革新センターの岡卓也氏は「手待ちはなぜ減らないのか。無料だからだ」と指摘。荷待ち解消には、時間も含めた新たな料金設定が欠かせないとする。荷物量と輸送力のバランスがひっ迫しているいまこそ、「交渉のチャンス」(岡氏)だ。
 物流センターなど荷主の施設にトラックを長時間止め置かれる手待ちは、物流事業者にとっては死活問題。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する