日通総研・荷動き指数 4~6月「マイナス7」 増税影響一巡で改善

2015.04.07付

一般

 日通総合研究所(本社・東京、宮近清文社長)によると、荷主企業の出荷動向を示す荷動き指数の4~6月速報値はマイナス7の見通し。水面下にとどまるが、1~3月実績から7ポイント改善する。「消費税の影響が一巡。経済・物流面でも〝春の気配〟が出てきた」(宮近社長)。
 1~3月実績はマイナス14。消費増税前の駆け込み需要が発生した前年同期の反動もあり、見通しを5ポイント下回った。4~6月は、前年同期に比べ荷動き「減少」を予想する荷主が全業種平均で25%(1~3月比8ポイント減)。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する