【運転席から物流論】第144回 中央環状線の開通効果 トラックドライバー/ジャーナリスト 長野 潤一氏

2015.03.31付

一般

 3月7日に首都高速中央環状線(湾岸線―3号渋谷線)9.4キロが開通した。大橋ジャンクション(=JCT)―西新宿JCTの開通から5年、昭和57年の最初の区間開通(千住新橋出入り口―堀切JCT)から実に33年になる。東京23区の外縁を1周する中央環状線がついに完成した。中央環状は、その内側を除けば、海上コンテナなど4.1メートル背高などの特殊車両も通行可能で、首都圏物流にとって大きな1歩だ。
 ただし開通後に数往復利用したが、危険な点が見受けられた。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する