北海道産品物流 「荷主と連携し効率化」 事業者の自助努力 限界

2015.03.24付

一般

 物流コストの上昇が北海道の農水産業に与える影響が大きいとして、物流の改善策を講じるため昨年7月に発足した協議会(座長=佐藤馨一北海商科大学教授)が6日、今後の対策をまとめた。物流事業者のこれ以上の自助努力は難しく、荷主と事業者が連携して効率化を図ることが不可欠とした。  
 学識者、荷主、行政で北海道の物流の在り方を考える同協議会はこれまでに4回の討論を重ねてきた。6日の取りまとめでは「物流事業者の自助努力はもう限界に来ている」(協議会)と指摘。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する