三井不動産 新たに4施設を開発 投資総額1600億円に 

2015.03.10付

一般

 三井不動産(本社・東京、菰田正信社長)は大型物流施設の開発を加速する。平成30年までに神奈川、愛知などで延べ床面積3万平方メートル超の施設を4棟開発。3PL(サードパーティー・ロジスティクス)や通販事業者を中心とした旺盛な施設ニーズに応える。
保有施設合計で13棟
 3日の会見で、三木孝行ロジスティクス事業部長が計画を発表した。開発を進めるのは、延べ床面積約3万8200平方メートルのMFLP平塚、同3万8900平方メートルのMFLP小牧などの4棟。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する