【製造業の海外シフトで国内物流は細るのか?】製造業の国内回帰(1) 東レ経営研究所 業経済調査部門 シニアエコノミスト 福田 佳之氏

2015.03.10付

一般

 日本経済の回復で心強い材料は、円安などを受けて製造業が日本国内に回帰する兆候が見えること。自動車や電機大手の中には、国内生産比率を高めることで円安による輸出メリットを享受したり、部品調達を海外から国内にシフトすることでコスト削減に取り組んだりする動きがある。
 ただ、このまま製造業の国内回帰が進めば、輸送能力の負担や労働力確保の面で物流産業は多大な影響を受ける。
生産だけでなく投資も回帰
 製造業の国内回帰には、生産の国内回帰と投資の国内回帰がある。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する