愛知陸運 宮城に新拠点を開設 東北のハブ機能に

2018.12.04付

一般

 愛知陸運(本社・愛知県小牧市、星野晴秋社長)は3日、宮城県大和町に「宮城大和物流センター」を開設した。東日本での業容拡大が目的で、東北地区のハブ拠点として機能させる。
所在地は宮城県大和町落合松坂滝ノ沢51ノ3。東北自動車道大和インターチェンジから約5分に立地。敷地面積は約2万㎡。2階建てで倉庫面積は6600㎡。自動車部品のほか、一般貨物を扱い、保管、流通加工、輸配送を行う。

東京で中継し「日帰り」実現

センター内のトラック動線は一方通行で、1階ターミナル…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2019年版

 

・B5版/324ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する