週休2日へ機運高まる 特積み各社 人材不足への対応で

2018.11.06付

一般

 土曜・日曜日の集荷・配達休止を検討する特積み企業が出始めている。喫緊の課題となっている働き方改革への対応や、人材確保のためには「週休2日を取れる体制づくりが不可欠」(複数社)。荷物の少ない土曜日や日曜日を休みとすることで、週休2日への足掛かりとしたい考えだ。
 福山通運(本社・広島県福山市、小丸成洋社長)は10月、日曜日の特積み貨物の集配を取りやめた。小丸社長は「ドライバーを確保し、安定的な輸送を続けるには休日の設定は不可欠だ」と話す。同社は、平成33年3月…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する