傭車確保へ各社が工夫 電機系物流子会社 不足感、地震と豪雨で急上昇

2018.09.11付

一般

 電機系物流子会社各社が傭(よう)車確保に必死だ。折からのドライバー不足、傭車費上昇に加え、西日本の災害に物資輸送車両が提供されていることを受け、車両の確保が一層難しくなっている。そうした中、従業員がドライバーに代わり荷降ろしをしたり、各部署間の連携を強めるなど各社が工夫を凝らす。傭車から値上げ要請もあり、対策が注目される。
 ある関東の電機系物流子会社では、エアコンの出荷は例年6~7月からだが、今夏は猛暑で出荷が早まった。さらに、6月の大阪での地震や7月の豪雨で…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する