平成31年度予算概算要求 国交省・物流審議官部門 新技術の調査を重視 生産性向上施策も継続

2018.09.11付

一般

 国土交通省の物流全般を扱う物流審議官部門の平成31年度予算概算要求がまとまった。環境省との連携により、新技術活用をテーマにエネルギー特別会計で16億8500万円を要求した。
 新規事業には2つの調査事業を盛り込んだ。支援対象は調査会社やコンサルタント、協議会。
 まず、IoT(モノのインターネット化)などの新技術や物流への参画が少ない企業の知見を活用。トレーラーと違いけん引免許が不要で、トラックの到着を待たずに荷役が行え省人化が図れるスワップボディーコンテナ車や…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する