拘束時間年3300時間に改善基準見直しで 1日50分の時短必要に 実現へ「荷主協力が不可欠」

2018.07.10付

一般

 働き方改革関連法を巡り、運送業界が大きな転換を迫られている。加藤勝信厚生労働大臣は6月14日の参院厚生労働委員会で、改善基準告示で定めるドライバーの年間拘束時間を、現行の3516時間から3300時間に見直すと言及。実現には1日当たり約50分の時間短縮が必要で、企業からは「ドライバーを守る上で理解はできるが、荷主協力は不可欠」との声が上がる。
 6月29日に成立した働き方改革関連法には、改善基準告示を見直す旨を記した付帯決議が盛り込まれた。決議に法的拘…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する