中越通運 音声ナビで作業支援 迅速・安全、事務も軽減

2018.07.10付

一般

 中越通運(本社・新潟市、中山和郎社長)は外食チェーンや食品問屋向け配送センターで、骨伝導イヤホンを使った庫内作業支援システムの導入を進めている。入出庫やピッキング作業の効率化をはじめ、独自開発WMS(倉庫管理システム)と連動することで入出荷実績、保管場所データ入力などの事務処理も自動化。現場作業で3割、事務処理で4割の負荷軽減が図れる。
 「TEPPA」(テッパ)と呼ぶ音声ナビピッキングシステムは昨年10月、同社物流センターの野田ALC(千葉県野田市)で…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する