【人材獲得術】第4回 外国人労働者開国論 立命館大学 守屋 貴司 教授

2018.07.10付

一般

 就労目的で日本人学校などに留学し週28時間以内でアルバイトする外国人留学生がいま、社会問題化している。また研修・技能実習制度では、大半のケースでロースキルかつ低賃金の労働力として活用されていることが、国外でも大きな問題となっている。そもそも制度の目的は、日本で学んだ技能を母国に持ち帰り、就労して母国の経済発展に寄与することだった。
 実際、外国人労働力は日本人の若者が敬遠する低賃金の職務の受け皿として、国内の財界から強く求められている側面もある。根本的な…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する