九州ト協、会議で紛糾 改善基準、大きな問題

2015.02.17付

一般

 長距離輸送する運送会社にとって、改善基準告示を守るのは「至難の業」(福岡の事業者)だ。昨年1月に改善基準が処分適用になったことで、「撤退する会社が増えつつある」(熊本の事業者)。そうした中で1月28日、北海道の運送会社「ほくうん」の本社営業所にドライバーの拘束時間違反で初めて事業停止処分が下り、九州に衝撃が走った。  
 5日、九州トラック協会は九州8県のト協会長と専務理事ら、流通経済大学の小野秀昭教授も加えた22人による理事会を開催。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する