近海郵船 九州航路さらに多様に 敦賀―博多航路を検討中

2018.05.15付

一般

 敦賀(福井県)―博多(福岡県)航路開設に向けて検討を開始した近海郵船(本社・東京、田島哲明社長)。海上輸送の需要が高まる中、本州―九州航路の空白部分解消を目指す。田島社長は「瀬戸内航路の需要はタイトになっている。本州と九州を結ぶ航路を開設することは、新たな需要の受け皿になるのではないか」とする。
 同社の主力航路は北海道の苫小牧から日本海・太平洋の両側で本州と結ぶ北海道航路。中でも、敦賀港は北海道と北陸・中京・関西圏を結ぶ日本海側の玄関口。現在、検討中なのは…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する