国交省 目視外飛行の要件公表 ドローン配送念頭に

2018.04.10付

一般

 国土交通省は3月29日、ドローン(小型無人機)運用時の新たなルールを公表した。山間部などエリアを限定し条件を満たせば、操縦者の目の届かない範囲でも、補助者を付けずに機体を飛ばす「目視外飛行」が可能になる。同省はルール改定により、ドローンを使った荷物配送をできる環境を整備する。
 目視外飛行ができるのは、山や森林、河川など第3者の立ち入る可能性の低い場所。高度は有人機が通常飛行しない150m未満とし、使用機体に十分な飛行実績があることや、事前に緊急時の手順を…
 

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する