トランストロン 荷待ち時間削減 新機能 荷主・自社都合を記録

2018.03.13付

一般

 富士通グループのトランストロン(本社・横浜市、大岡信一社長)は、ネットワーク型デジタルタコグラフ(運行記録計)で利用できる運行支援サービス「ITP‐WebService V2」に、国土交通省の荷待ち時間義務付けに対応する機能を追加した。
 昨年7月から荷主都合の待ち時間が30分以上あった場合、総重量8トン以上の車両を運転するドライバーに乗務記録への記載を義務付ける国の通達に対応したもの。「DTS‐D1A・D1D」は昨年12月から、新機種の「DTS‐F1A」… 

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する