宅配便の再配達問題 消費者にもっとPRを 「コスト見せる化」鍵に

2018.02.13付

一般

 宅配ドライバーの労働力損失が続く――。国土交通省が1月31日に公表した調査結果は、宅配便の再配達問題を改めて浮き彫りにした。利用者意識が高まり再配達率は改善傾向にあるが、なお36万個以上の荷物が1回で受け取られていない。消費者団体の専門家は「宅配会社が消費者意識を高めるアピールを、もっと進めても良い」とアドバイスする。
 国交省によると、昨年10月に大手宅配3社が配送した荷物のうち、再配達があったのは36万5967個。調査対象の都市部、都市部近郊、地方の…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

輸送経済は業界の3A(安全・安心・安定)を応援します!

ことば教えて!2018年版より

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

定期発刊物

 

2018 日本の物流事業

 

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

物流のすべて 2018年版

 

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
 
 

ことば教えて! 2018年版

 

・B5版/150ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2017年版

 

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2016年版

 

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する 
 
 

ことば教えて! 2015年版

 

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

  購入する