宅配便再配達 年6.8万人分の損失 ドライバー不足に痛手

2018.02.06付

一般

 昨年10月に配送された宅配貨物のうち、36万個以上の再配達があったことが、国土交通省の調査で分かった。この数値を基に年間の損失を試算すると、約1.3億時間、約6万8000人の労働力が再配達に費やされる計算になる。同省は宅配ロッカーの設置などを進めているが、宅配の生産性向上にはさらなる対策が求められそうだ。
 再配達の調査は平成26年12月以来、2回目。前回と同じくヤマト運輸、佐川急便、日本郵便を対象とし、都市部(東京23区内)、都市部近郊(都内の市)、地方…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2018 日本の物流事業

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
  

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する