運輸労連2018春闘 「月例賃金の引上げ不可欠」 1万1000円を要求

2018.02.06付

一般

 運輸労連(難波淳介委員長)は1月30日の中央委員会で、2018春闘での賃上げ要求額を1万1000円とすることを決定した。
 要求額は所定内労働時間賃金に、他産業との格差是正分を含むベア(ベースアップ)3%と定期昇給相当分1.5%の計4.5%を乗じて算出。賞与の上積みを含む、年収ベースでの3%増を主張する経団連の考えに対し、難波委員長は「月例賃金の引き上げこそ不可欠だ」と述べ、大手から中小までトラック運送業界全体で待遇改善を進める必要性を強調した。
従来にないほど…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2018 日本の物流事業

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
  

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する