日通 インドネシアに新拠点 消費者向け物流展開

2018.02.06付

一般

 日本通運(本社・東京、斎藤充社長)は1日、インドネシア中部ジャワ州スマラン市で「スマランロジスティクスセンター」の営業を開始した。中部ジャワエリアの販売物流拠点としての活躍が見込める。
 同センターの敷地面積は4480㎡。倉庫面積は3108㎡。高床ホーム。セキュリティー面で24時間警備や倉庫内監視カメラを導入。
家電補修部品などにニーズ
 スマラン市は、中部ジャワ州の北岸に位置する商業都市。首都ジャカルタが人手不足や賃金高騰で労働力確保が難しくなる中…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2018 日本の物流事業

・B5版/230ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する
  

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する