【改善・最前線】 西濃運輸 ロット物、分散進む 特積みの安定性追求

2015.02.10付

一般

 グループ会社の貸し切りトラックを活用し、特積み輸送の安定性を確保する――。西濃運輸(本社・岐阜県大垣市、大塚委利社長)が繁忙期の遅延防止策として始めた取り組みが成果を挙げている。中ロット貨物を運ぶ貸し切り便を、特積み、急便、航空貨物輸送に次ぐ「第4のネットワーク」と位置付ける。貨物に適した輸送手段の提案で、顧客満足度の向上にもつなげている。 
 平成24年の年末、繁忙期の物量増加に対応できず、都心部で配達の混乱が起きたことが直接のきっかけだった。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する