【トンボの目】 改正約款 「まず届け出を」 業界意識、転換の好機

2017.12.05付

一般

 「届け出をしない手はない」と中堅特積み会社トップ。11月改正の標準貨物自動車運送約款のことだ。規模・業態を問わず様子見の会社が多いといわれる中、主要な特積み会社のうち数社はすでに届け出を済ませた。
 そのうち1社の社長いわく「運送会社の行う〝運送〟はトラックで運ぶことと車上受け渡しまででいいと、国土交通省が太鼓判を押してくれた。それ以外の業務は本来、対価がもらえない限りやる必要がない。この考え方が、何年か後には料金交渉で大きな効果を発揮するはず」。
 悪しき商慣習…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する