【働き方改革2024年問題】第3回 「15%」の攻防 奈良経営サポート 村上 英治 氏

2017.11.14付

一般

 働き方改革で、早ければ平成36年にドライバーにも罰則付き時間外労働規制が導入され、長時間労働は難しくなる。現状の仕事量を維持したまま、減少した労働時間分の仕事を補わなければならない。
 例えばドライバー50人を雇用している場合を考えてみる。1カ月の時間外労働は122時間から42時間減少し、80時間に抑えられる。結果、減少する総労働時間は2100時間(42時間×50人)に達する。補てんするには、新たにドライバーを雇用しなければならない。この場合、8人が必要…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する