東電物流 3年後、売上100億円 販売・レンタル拡大で

2017.10.10付

一般

 東京電力グループの東電物流(本社・東京都、朝岡正裕社長)は、配電資材の販売・レンタルや海外事業を伸ばすことで、平成32年3月期までに売上高100億円を達成する計画。
 同社は東電管内の配電網に使う電柱、電線、変圧器など配電用資材の輸送・保管業務、東電から配電工事を請け負う工事会社向けの配電資材などの販売・レンタル業務を手掛ける。29年3月期売上高は71億円で、事業の内訳は保管約26億円、輸送約25億円、販売・レンタル約20億円。朝岡社長は増収のため「販売…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する